北海道 最後の1台!?(はじめに 〜 の後半)

(はじめに・・の前編へ

そう、具体的には2004年のシーズン始めから、状況は変わってしまいました。
ひとつは、よりZ2イメージの強いスポーク・ホイール モデルであるRSの生産中止。
そして更に、スタンダードモデルのマイナーチェンジ。

実は、このZRに関しては、
「どうしてもRSを!」という絶対的なこだわりを一本化できずにいたんですよ。
理由は、その一番の魅力であるスポーク・ホイールが、逆にデメリットでもあること。
スタンダードモデルと比較すると、実に 9kgも重いのです。

で、あれば、例えそのトラッドな容姿に惚れて購入したとしても、基本的にはスポーツ・バイク・・
実用性や走行性を考えると、スタンダードモデルも充分魅力的だし、何よりも、新車時の価格がかなり違う物になるんです。
(表記価格は然程の違いは無いものの、値引き率が全然違った・・)

そうしてるうち、上記で述べたRSの生産中止と、スタンダードモデルのマイナーチェンジの執行。

写真左が、2003年製(RSの最終モデル)、写真右が2004年以降のスタンダードモデルです。

2003年度RSモデル 2004年度スタンダードモデル

そう、変更後は、黒塗りエンジンとなったのです。

元より・・・
「Z2のレプリカントに乗りたい訳ではない」
「むしろ、純粋に現行のZRのほうが1台のバイクとしてカッコイイと思う」
というのはあるんです。
ところが、ヘッドカバーから、フィン、左右ポイントカバー等、
全ての形状が1970年代の其れを思わせる、(このようなエンジンデザインは、400や1100では異なり、750特有のもの)
この稀なエンジンが黒いとなると、
「それっぽさ」は全く違う物になってしまいます。

このチェンジを受けて、改めて
「やはりZRは雰囲気重視だな!」「RSしかないだろう・・」となった訳です。

と、気付いたところで、既に2005年じゃありませんか・・(-_-;

まだあるのか?

って話ですわ・・・(-_-;

「国内車を買うならココ」と、決めている店に相談したところ、メーカーの在庫は既にゼロ・・とのこと。
市内のカワサキ専科のショップに行くも、明るい情報一切ナシ・・

ネットで調べると・・
新車や、未走行車ってのも、あるにはあったのです。 全て本州の「ショップの在庫」として・・
それにしても、数が少ない!
日本中のRSを掻き集めても、十数台と言ったところです。
直接電話で問い合わせもしてみました。
運賃に数万円掛かるとのこと・・元来受けられる補償等が不可能になること・・(ま、そりゃ、そーだ)
そして何より、「そこまでして買うか!?」ということ・・

そこで、全国展開の大型チェーン店に出向いてみると・・

店のパソコンから1台のRSが検出されたんですねぇ。。

最終型の新車が、苫小牧に1台在りました・・・とのこと。

・・・

うーん、ミ、ミラクル?(TvT)ノ

RSをお持ちの方・・

今後も大切にお乗り下さい・・



※ 05.4/22 追記

札幌到着 本日、札幌に到着したので見に行きました。

実は最終型のRSって実車見るの初めてだったりする・・

う〜ん、カッコいいぞ!

納車は、陸運激混みの影響で かなり遅れるらしい・・





     

前項へ次項へbackhome