02. 7/17 〜 ハンドル変更
RZと911の図


迷いに迷ったハンドル高の決定・・・

常々記してましたが、トップブリッジ下のセパハンは攻めやすいし、ルックスも良い。が、
あまりにもキツ過ぎ・・・
峠じゃ最高ですが、峠に着くまでに泣きを被ります。
ってことで、ノーマルのセパレートを・・・と考えてた訳ですが、とあることに気付きました。

『この部分』
に、この社外セパレートを着けてしまえば
解決するのでは?・・・と。

ノーマルセパレートと高さがほぼ同じ、
で、開き角と+垂れ角が調節できる分、
そのほうが好みのポジションを作れるのでは?
と、思ったのです。
社外セパレートと魅惑の(?)スペース

が、しかし、実際やってみると、これがシックリこないもので・・・
このトップブリッジ上から、開きと垂れ角を三度に渡り変更してもたのですが、どれも駄目でした。
(特にコーナーリング)

戻すか、無駄は承知でノーマルセパレートを着けるか・・・の選択で、取りあえずノーマルにしてみたのですが、
不思議と悪くないです。上記の方法だと「楽にはなったが、操作感が悪い」でしたが、
流石(?)初期設定。同じ高さから伸びてるのに、位置と角度が絶妙なんですね。

ノーマルセパレート これが正に単なるノーマルセパレート。

これでも当然、他のネイキットマシン(バーハンドル)より
全然前傾ですが、ちょっと寂しいルックスになりました。


余談ですが、今回ハンドルの変更は
自分でやらずにショップにお願いしました。
んもう、いい加減何度もやっててシックリこなかったので、
プロ任せ。

ついでにクラッチの具合も良くなったし、
こうしてお店で、のうのうとしてるのも何とも良いものですね。

でも工賃って高いものですよねぇ。。(-_-;
いばりっこ



現在総走行距離:5482km



▼ BACK    ▲ NEXT


戻る     ホーム