09.4/26 ASS 〜 ※一部ネタバレにつきご注意


ふ〜〜〜っ・・・・

スナイパー里未も区切り?の95になり、少々休養してました。

聖域でホドちゃん狩り・・では、経験値面でキツく感じ始め(決して悪くはないんですけどね?)、
今後はピラミッド4Fでのアヌビス狩りをメインにしていこうかな・・とも。
安いなりに、毎日のようにカードも出ますしね・・・

いや、どうだろう?
やはりハングリーに金銭面を重視して邁進すべきなのか・・ 悩みどころです。

さて・・

息抜き・・という訳でもありませんが、ここはひとつ、苦手なクエストでもやってみようかと。。

クエストと言えば、我が家の
ミスター不戦勝こと、サミエル平田の出番でしょうねー・・

しかも舞台は冒険者アカデミー・・(このクエストを略してASSと呼ぶらしい)
アカデミー出身、クエスト育ちの彼には、正に打って付けとも言えましょう。


期間限定、アマツルート移動手段
現在はアマツのイベントにて、
転送サービスが実施されてるようなので、
この手のクエストを進める上でも好都合となりそうです。

ありがたいことに、アカデミー校内のセーブポイント前にも
アマツ行きのNPCが配置されてるようです。


ちょっと驚いたのが、今回の長きに渡るであろうASS・・

登場キャラクターが多いことと、その殆どに専用のグラフィックが用意されてることでした。
それを知った時点で、この記事も記念写真用のアルバム的な意味で残そうかな・・と、思ってます。

ユーリとリリアとの出会い スタートはここから・・

アカデミー生徒のユーリとリリアの出会いから。
リリア
リリア

天真爛漫な性格と、
なんでも挟まりそうなバストが魅力的。


『って、セクハラ路線かーーい!?』
『や、だから記念撮影と、その寸評だってばさ』




何より驚いたのが・・・

これの以前に実装されたモンスターサイドストーリー(MSS)クエストでのメインキャラ達が
新たにグラフィック付きで再登場するではありませんかっ!?(あるいは現在のMSSでは追加されてるのかもしれないが・・)

あのクエストは、それなりに出来た物語だったし、思い入れもあるというものです。


エレンと再会

前回、悲劇のヒロインであったエレンがっ!
エレン


ローザ
ローザと再会

あ〜・・
あのイチゴおにぎりのお嬢さんかっ。

『って、エレン可愛いじゃないきゃっ!!』 (← もっと地味なの想像してた)

例の彼氏は、もう手遅れっぽかったしな・・・
ふっふっふっ・・ ここはひとつ、ビールに目薬を注入してでも 我が手中に収めたいものだが・・
※よい子もよい大人も絶対に真似してはいけませんからっ。(TvT)ノ




ハンスと再会

話が進むと、ハンスも登場。
おお、イメージ通りのキャラやね。
ハンス



・・・

ううっ。

ハンスと再会ってことは、例の彼氏も復活するのかしら?

サミエル平田の華麗なる?野望が台無しにっ・・・


ドイルと再会
嗚呼っ!
やっぱりだっ!
しかも若いときの姿で最登場しやがった!(TvT)ノ
ドイル

『しかも、まんまとイケメンじゃーーーっ!』

ううっ、負けじゃっ! 台車レボリューションくらいしか武器が無い商人じゃ太刀打ち出来ん!(TvT)ノ
(もとい、こいつのキャラって こんなだったのか・・あの人と大して変わらないな。(-_-;)



そして、物語は、より深く、複雑な方向に・・・
(← っていうか、そこに触れようよ?(TvT)ノ)

かつてのMSSでの本校よりも過去の時代まで遡ることも・・・


おとなしそうな少女と出会う

そこでは、"おとなしそうな少女"ピエリスと出会います。
ピエリス



あ・・・


『他のコはどうでもいいんで、このコどうにかできんかね?』
ろ・・・。(TvT)ノ

(兄貴・・久々の登場がソレとは・・(TvT)ノ)
ろ・・・。(TvT)ノ

(やっぱこの人は別格だった。(TvT)ノ)






と、色々ありましたが、字幕を一切飛ばさず、膨大な時間を掛けたクエストが終了しました。

アクセ贈呈 最後は経験値と、この新装アクセを貰える特典が。

MSSでの報酬アクセ(スモールブックP)との
セット効果があるらしい・・・

今更言われても・・(-_-;)

とうの昔に全部売っちゃったですよ〜。(TvT)ノ

けど、そこそこ優秀な性能なので
ゼロムcを拾ってきたら何とかしたいところですね。
(↑買うつもりは毛頭ナシ!)





そして、終了後は、それぞれのキャラクターと別の会話に発展するらしい・・・

試しにやってみたら・・・

例の美形カップルは、まんまと結婚に至ってたらしい・・(-_-;)

わざわざ記念写真まで見せつけられちゃったよっ!(TvT)ノ

おめでたう・・・ みんな楽しそうだ・・じゃねーよっ


『ちっくしょーーーい!(TvT)ノ』

俺ですからっ!俺のおかげですからねっ!




前項へ次項へbackhome