09.2/28 当家ナンバー2、初めての精錬


ふぅ・・

前回の更新記事は実に辛いものでした。
精錬に失敗しただとか、レアが出ないとか、そういうものとは別質の問題ですからね・・

さて・・

だからと言って、悪いことばかりじゃないはず。

例え単身でしか行動しないにしても、視野を広げる機会になったのには間違いありませんし。
かつてのバード〜クラウン里美さんがそうだったように、
どこでも独りでガンガン乗り込もうじゃありませんかっ!

ラヘルを後にし、狩場を彷徨う旅の途中に、都会に立ち寄ったスナイパー里未

ふっ・・転生後、2回目のプロンテラか。(TvT)ノ

目的は弓の精錬です。

クジでイクシオンの羽が多く出回りましてね?
汎用武器が大好きな当家としては、3本ほど押さえときました。

はじめてのせいれん 当然、彼にとっては初めての精錬です。
や、鍛冶屋に入ることすら初めてです。

2機が+6になるというLukに恵まれ・・
(誰かさんとは大違いだな・・(-_-;)


・・・ ←誰かさん

一機は折れるも、結果+7のイクシオンが完成しました。メデタシ

カードは一枚しか挿せないので、アチャスケ一択。(逆に助かるわ。強くなくても汎用性第一っす)
つまりは、ちょっと弱いキングバード・バリスタ って感じにはなりますが、30という比類なき軽量故に、
様々なステージで活躍してくれることと期待。

色々試してみた結果、別の方向に発想が転換。

ここまで軽いと、装備を色々と余計に積める。

延々とソロ狩りする上で、ずっと思って思ってたこと・・

便利過ぎて手放せなくなってしまってるローレベルの道標ですが・・
これがSP面(回復も含む)で劣化せずに、ウルキャップに変更できれば・・と。

で、無駄というか、贅沢な選択ではありますが、既存の+5ウルキャップを処分してでも、再度ウルを用意。
ローレベルで仕上げて、常時キーを押すだけでシフトできるようにしてみました。

※カーソルを乗せてみよう♪

G き

特に、ウルによってDexが繰り上がり数値になるときに非常に勝手の良い装備となります。
(や、今がそういうステータスなんで殊更やりたかったワケですが・・)


現状、事情が事情だけに、バブル期(?)の恩恵での贅沢はこれが最後かもしれないなぁ。。

新たな固定狩場の開拓、クラウン里美さんの稼動によるエル集め、
(できることなら、狭間調査の再雇用・・(-_-;)

道は閉ざされたようでいて、逆手に取れば開かれたのかもしれない。

初心に還って精進しよう。





本っっっっ当に、今更ですが、ちょっとギルドってのがどんなものか興味があったりします。

心が弱ってるらしき・・・ 溜まり場ってのがあって、
そこでいったい何をするものなのか?

G狩りとは何ぞや?

常に集団で狩りとかする環境?

それってどんな感じ?

戦闘中にダメージ受けたらヒールしてもらえるんですよっ!?
(で、良いんですよね?)

ん〜・・・

なんとなく程度の想像は出来ますが、果たしてこのゲームにおいて、
初心者で形成されたギルドや、専門用語を更に略して連呼したりしないギルドなんてあるだろうか?

や・・・

ないだろうなぁ。。(-_-;)

ちょっと前に、
『転職の方法を教えてください』 の、ような旨のチャットを立ててる方がいらした!

全力でお友達になりたい気持ちでイッパイだったが、思えばチャットを立ててる(立てれる)時点で
初心者ではないのかもしれない・・・かもしれない。

まぁ・・・

やはり縁の無い世界かもねー?(TvT)ノ





前項へ次項へbackhome