08.9/26 S琵琶 story



知っての通り、(過去記事参考) 不幸続き の里美さんに、そのLUKはあまりにも突如にやってきました。

海の鎧 くじ・・・

初めて一発で良い品が当りました。

正直、目を疑いましたね。

まー、とりあえず興味も必要も無いので、
売る前に記念撮影。

V靴の二の舞は避けよう・・(まだ言うんですね?(-_-;)

↑これを撮った5分後に、知り合いの万能型アサクロさんが買い取りたいということで、
露店出品の手間も無く商談成立。

もう、半ば諦めていた(そうだったんですかっ!?)S琵琶・・・
SEは流石に懲りたので、もう直接成功品買っちゃうことにしましたよ。

とは言え、次は精錬という試練もある訳です。

失敗は許されません。絶対に。

しかも、大型用、中型用と二本欲しい。
根本的に高性能、高出力な琵琶だけに、これが揃えば他の特化は一切無用なほどの
破壊力と汎用性が約束されるはず・・・

よって、3本入手しました。

1本、12〜13Mという高額楽器(それでも、SE成功率のことを思えば適正価格とすら思ってますけど)
ええ、この時点で、金銭的にはマイナスになりました。

失敗は許されません。絶対に。

よって、なり振り構わず、最初から(+5)いきなりオール濃縮オリデオコンという荒業です。
もちろん、ここまでするのは初めての経験。

が、ここで、やはり逆奇跡発生・・・

+5であれば、
成功率(暫定)90%と言われる濃縮精錬に見事失敗。

こんな早期にして、既に残り2本に・・・

2本が+5になったところで、一旦終了。(ツキも変えたかった)

後日、破産も視野に入れ、もう1本買う覚悟で・・・

ところが、そうそうそんな代物も出る訳もなく、現状のまま第二段階へ進むことに・・・

心に決めていたこと・・・

というか、切実な現実として・・・


3本成功 = 昇天 (つまりこの時点で既に無し)

2本成功 = 勝利 (永きに続いた琵琶戦争に終止符を)

1本成功 = 敗北 (とりあえず中型武器だけを新調するしか・・)

全 滅  = 引退 (さようなら、崑崙王子。君を忘れない。)



・・・+6

1本失敗、1本成功。

これで、最低限の勝ち権利も失いました。
これは、今回が悪かったというより、前回(+5)の逆奇跡のツケでしょうね。
事実上、濃縮での恩恵は殆ど無かったという結果になりました。 まことに残念です。



・・・+7

そう、最後の審判。

最後の時 いきます・・・

師匠、亜小ねえさん、でこさん・・・

今までありがとう。

(↑友達少なっ(TvT)ノ)








kan kan kan ・・・・








+7 S琵琶 出来た。

そして、挿した。

完成品だ・・・



結果、敗北という事にはなったけど、正直安堵の気持ちが大きいです。

赤字とは言え、破産までには至らなかったし、
生きてさえいれば、いつかまた挑戦できる日がきっと来るさ・・



ミスター・ソロ狩り 里美さん。 これからも頑張ります。








◆ 実録研究

にして、WボーンドS琵琶の実力とは・・・


まず、レベル4の過剰武器の特徴にして運次第な部分・・・
ランダムにプラスされると言われているボーナスAtkの調査。

これには、比較対象が必要な訳ですが、こちとら元より素琵琶マスター。

カードを挿す前の+7S琵琶と、既存の+7素琵琶を直接撃って比べてみます。


※ サンプルMOB ウッドゴブリン 〜 
植物/中型/地3 (Defが32+45 と、弱いわりに硬め HPは6982)

+7素琵琶
テスト1
▲与ダメージは9700〜10200くらい
◆ +7S琵琶(カード無挿し状態)


テスト2
▲こちらも、下で9800、上で10300程・・

よかった・・
むしろ、既存の素琵琶よりも
若干ランダムAtkが高く付いたようです。一安心。



そして、次は既存品の+8中型リュートとの比較。

+8 S3中型リュート
+8 S3中型リュート
テスト3
▲与ダメは 12000弱。
+7 S2中型琵琶
+7 S2中型琵琶
テスト4
▲こちらは 13000 〜 13500程

なるほど・・強い。

反面、思ったよりも激しい差がないな・・という感想も。。
リュートって強かったんだな・・と、再認識。
長きに渡り、人気No.1楽器の座を守ってきたのが肯けるデータです。
(ちなみに普段の狩ではSP節約の為、スキルレベルを下げたArVで処理してます)



※ 過去記事で、最強装備で一確になったり、ならなかったりしてた スリーパー 無形/中型/地2 (Def=49+100 HP=8237)は・・・

スリッパ一確 汎用装備でも、余裕の一確にっ!

おおお、強いっ。
山羊も一確っ 同一マップのゴート(これも硬い!)
も一確可能になりました。

こりゃ、楽だ〜♪


このような一撃の重さよりも、なにより長けているのが その汎用性と言えます。
今までですら、格サイズの混ざったマップでは、素琵琶をメインで使ってたくらいですから・・

例えば、中型リュートでエルニウムを集めにクロックを狩るとします。
同マップに実に邪魔なライドワードがいますよね?(無形/小型)

これを2確で処理するために、琵琶に持ち替えてました。(中型リュートでは2確にすらならない)

つまりは今後、あらゆるステージで、そういうケースが無くなる・・ということです。







前項へ次項へbackhome