〜 そこに何があるんだろう・・・?


突然ですが、「これは久々に長く乗れそうだ!」と、気に入ってたSS900ですが、
DUCATI の最新SBクラスである 999Sに入れ替えることとなりました。

999の展示車

理由としては、「そこに何があるんだろう・・・?」に集束されます。
勿論、あの悪魔のような顔つきに惹かれたは大前提ですが、、、

正直、SS900は数値的なもの以上に魅力を感じてました。
その潜在能力は、技量の無い私にとって、全て扱えるものでもありませんでした。
それを踏まえた上でも「更に、このLツイン究極系は・・そこに何があるんだろう・・?」
という単純な興味・・

そして、乗り出しで260万という、自分的にはバイクのそれとは思えない価格・・(TvT)ノ
それ故、このバイクはafter End始まって以来の「衝動買いではない購入」ともなりました。
(実際、かなり悩んだ末の決断でしたし・・)
「そこまでする自分に何があるんだろう・・・?」
という賭け・・

「こうなるなら、最初から999に行っとけば・・」
ともなりそうなトコロですが、それは全くありません。
SS900に乗らなければ、999という発想自体が生れなかったでしょうし、
美品、低走行ということもあって、SS900も金銭的に然程損のない価格で委託を約束して頂きました。
(↑やはりこれが無かったら、入れ替えは無理だったでしょうし・・)
そういった意味でも、SS900とは「極短ながらも、素晴らしさを教えてくれた愛機」と、捉えています。

さて、当初「納車は5月以降・・」とされていたのですが、元来展示車として組むはずだった車輌を
回して頂く事になり、シーズンインと同時に乗れるらしいです。
追って、記事掲載、スペックの紹介等、当ページにて更新していこうかと思います。




▼ BACK    ▲ NEXT


戻る     ホーム